Home  スクール概要 スケジュール・料金   BLOG  


yosemite bluce lee

名前も岩もかっこいいです!
Climbing誌でWills Yungが登っている写真を見てから憧れの課題でした。



yosemite mid night lightning

説明の必要もないヨセミテのクラッシック課題です。

いつかは、と思っていましたが、実現のときはうれしくて現実感がなかったです。


ogawayama heaven's gate

ポピュラーな鯨岩の反対側には、静かな空間が広がっています。
とてもすばらしい課題で、今まで登った中でも一番ですが、一般的にはお勧めできるものではありません。
初登者はマットを使用していませんが、一枚や二枚あったところで意味はないでしょうね。


ogawayama summer time

今時の流行ではない、垂壁張り付き系ですね。
最後はランジになってしまいましたが、それはギリギリだったからなのです。


mitake 3G straight

上部には氷結した土がどっさり乗っていて、取り除くのに苦労しました。
3Gという課題を登ったら、自分はどうやら手順が間違っていたようです。その手順だとまっすぐ(やや右ですが)にいけると思い、掃除したのですが、これももともとトップロープで登られていたラインのようですね。
ハイボールの上、ランディングも斜めなのでかなり怖いです。


zyougasaki akumu

城ヶ崎でクライミングを始めてから、先人たちの話に時々登場していた、雲の上の存在のように感じていたルート。
何年か前ロクスノの杉野さんの記事で気になってトライしたものの、あまりにもできなすぎて、当時はさっさとあきらめたものでした。
その思いもあって、何年ぶりかでトライしてみて、登れた喜びは、後からじわじわとこみ上げてくるものです。
登ることを優先してしまいましたが、オリジナルは下部のクラックも使わないものでした。
それと、当然ですが、マスタースタイルで登れば、心理的な要素もより強くなります。