Home  スクール概要  スケジュール・お申込  BLOG  SHOP

確保技術講習
トップロープでのビレイと基本的なロープワーク
内容
・確保器の制動原理と正しい操作方法
・ハーネスへのロープ結束、正しいエイトノットの方法
 他の結び方特徴と違い
・トップロープクライミングにおける注意事項
・一連の流れ
講習料 2時間¥3,000(税・保険込) ジム利用料別途

人数 2名以上4名まで
実施ジム ストーンマジック、レッジ、など
 2時間/1回で足りない方は習得できるまでフォローできます。
その場合は再度お申込ください

ロープクライミングが行える施設でも、随時行っているところは多くはありません、あってもそのジムのみで有効のものもあります。胸を張ってトップロープを利用しましょう。


ロープを使用して確保を行う一番最初の基本となる、確保器の使用方法とロープをハーネスに結束するロープワークはこれから始める人、リードクライミングを目標とする人には必須の技術となります。
トップロープというのはリードクライミングに比較して、安全管理に払われる注意は少なく、クライミングの動作習得に最も適した方法ですが、確保・ロープワークは当然正しく行えなければ事故の原因となります。その正しい使用方法とロープワークにトップロープでの注意事項をふくめ講習します。道具の貸し出し要相談。
リードライミングの確保と注意の基礎
内容
・リード特有の確保器の操作方法と注意事項
・確保器具による違い
・正しいクリップ方法と、リカバリー
・墜落体験と墜落停止体験
・自然の岩での注意
・ポンピング

リードクライミングを行うには安定して登れる能力(トップロープで5.10b程度のクライミング能力)とビレイヤーには少なくともトップロープの確保経験を必要とします。

経験値の違いなどもあって、人によって習得するまでに時間の差があって当然です。まずは基本を知りたい方、習得まで継続されたい方など各人の要望にもお応えします。
講習料 2時間¥3,500(税・保険込) ジム利用料別途

人数 2名以上6名まで
実施ジム ストーンマジック、レッジ、など

登り方技術からリードクライミングの確保技術までセットになった講習もあります場所は基本的に相模原のストーンマジックにて行っています
全6回講習料¥2,0000(税・保険込)
各回個別¥3,500(税・保険込)  
ジム使用料・別途

ご希望の方は2ヶ月間のストマジ利用料フリーパス付を選択可。フリーパス2ヶ月付でお得な¥41600(税込)

定員2〜6名 時間PM7:00〜8:00
リードライミングの確保と注意の基礎
クライミングのエッセンスはもちろんここにあります。安全に行うためにはクライマービレイヤーともに高度な知識と経験が求められます。現実に経験者といえども案外間違った方法をとっている場合も見受けられます。そのために確保器具の操作方法、クリップなどの基本的なところからはじめ、リードクライミングに特有な危険、そのための注意を学び、実践を行っていき、墜落体験や、それを停止する経験を経て、最終的にはジムでのリード壁の利用を目指していきます。
リードクライミングを行うには安定して登れる能力(トップロープで5.10b程度のクライミング能力)とビレイヤーには少なくともトップロープの確保経験を必要とします。
未経験の方はクライミング技術講習、トップロープ講習などを受講されてください。

アンカーとプロテクション
1アンカー構築の基本
様々なアンカーポイントを使用した構築方法と注意事項 流動分散と固定分散
2フィックストプロテクション・リムーバルプロテクションについての解説とセット法
ストーンマジックでのリムーバルプロテクション講習はこちら<<
3ロワリング回収
中身が濃いものなので、原則的に1〜3個別の内容で行います。
ご希望の方にはセットでもお応えします。
実施ジム ストーンマジック、レッジ、など
講習料 個別各¥3,500(税込) ジム使用料別途
時間各2時間
1と2のセット¥6,000(税込) ジム使用料別途
時間4〜5時間
アンカーはクライミングの確保システムの核をなすものです。特にマルチピッチのクライミングには必須の知識となります。
、3は特にクラックのクライミングを目指す人向けになります。4は事故例も多いので、実践講習で確実に身につけたいものです。


               
懸垂下降
1基本技術とロープワーク
2トラブル時における応用技術 仮固定と荷重抜き 代用手段
3結び目の通過
4登り返し
原則として1から4までの個別で行います。
定員2〜4名
講習料 各¥3,500(税込) ジム使用料別途
時間各2時間
1と2のセット¥6,000(税込) ジム使用料別途
時間4〜5時間
クライミングシステムの中でも基礎的な懸垂下降技術は、スポーツクライミングに偏ると学ぶ機会も減ってしまいます。それによってか、重大な事故も起こっています。また、教える人によっての差異があるのも気になります。ここでは日本山岳ガイド協会のスタンダード技術を紹介します。
マルチピッチクライミング
・1ダブルロープ
・2アンカーの構築とセカンドの確保
3懸垂下降
4全体の流れ
実施ジム レッジ
講習料 ¥7,000(税込) ジム使用料別途
2名以上3名以下を実施条件とします
時間4〜5時間 
こちらは原則として1〜4のセットで行いますが、2、3に関しては個別で用意してあるので、より詳しくしっかりと技術を身に付けたい方ははそちらを受講されてからのほうが効果的です。
リードクライミングとビレイ、下降の経験は最低限必要となります。


ングパーク・ストーン・マジックはこちら
  お申込み、お問合わせ、ご質問はこちらへお願い致します。
矢崎慎一

tel:090-2256-3369  e-mail: banana_fish1970@live.jp